Warning: date_default_timezone_get() [function.date-default-timezone-get]: It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php on line 115

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/wp-content/plugins/xpressme/include/xpress_common_functions.php on line 296

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 25

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 26

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 27

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 28

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 29

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 30
Ricoのニュース »| Rico for HandHeld ニュース - Rico for Handheld
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

購読RSS
Google Ad
このサイトを登録
ブログランキング

ads by Google
ad by Google

切り捨てられるAndroid。2年前の旧OSを使っているユーザー数は7500万人

20120328-130647.jpg

iPhoneが順当にアップデートを重ねて来たのに比べ、Androidでは3年前のOSを使っているユーザーの数は、未だに120万人もいるそうで、そしてさらに、2年前にリリースされたFroyoを使っているユーザーは、実に7500万人以上に達しているようです。

最新の端末を買っても、一年足らずでバージョンアップが出来なくなったりする機種もあり、酷い物では発売二ヶ月でひょっとしてダメなんじゃないのこれ的な空気になる端末まで出て来ているようです。

元々、Googleはスマートフォンを購入するユーザーの事を優先的に考えていないのか、まず何より完成度の高いOSを作る事を最優先の課題としているようで(それがユーザーの為かは別にして)、すでに発売してしまった過去の機種には驚くほど冷たくなります。

しかし、これは当然と言えば当然の事で、スマートフォン本体を作っているのはGoogleではなく、ハードウェアメーカーな訳でして、Googleだけですべてをなんとか出来る事でもなかったりするんですよね。
(にしても酷いのですが)

# 買ったらすぐ型落ち
# 型落ちなので高値で買ってもすぐ値が下がる
# ハードがすぐに枯れて最新OSが乗らない
# 最新OSが乗らないからいつまでも便利にならない

もうそろそろ、いい加減にしろと思っているユーザーも多くなっているとは思いますが、これ、解決するのはメーカーが潰れまくって吸収合併なんか繰り返したりして、機種が減らない事には無理なんでしょうね。

Appleのハードウェア製造からOS開発、組み込みまでを一つのプロダクトとして自社で管理出来る体制とは比べるべくもないですが、Androidは多様なハードウェアや、選択の自由が売りだと言う事なので、これをユーザーは受け入れるべき現実なのかもしれません。
何事も、良い部分と悪い部分はトレードオフですね。

参考記事
http://www.gizmodo.jp/
PR




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


最近のコメント