Warning: date_default_timezone_get() [function.date-default-timezone-get]: It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php on line 115

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/wp-content/plugins/xpressme/include/xpress_common_functions.php on line 296

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 25

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 26

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 27

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 28

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 29

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 30
Ricoのニュース »| Rico for HandHeld ニュース - Rico for Handheld
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

購読RSS
Google Ad
このサイトを登録
ブログランキング

ads by Google
ad by Google

Mac狙いのマルウェア「Flashback」に亜種出現、さらに巧妙な手口で感染広げる

Macに感染するマルウェア「Flashback」の新たな亜種が出現し、多数のユーザーが感染している形跡があるとして、Mac専門のウイルス対策ソフトメーカーIntegoが2月23日のブログで注意を呼び掛けている。

Flashbackは2011年9月に発見された後、高度な機能を付け加えた亜種が次々に出現している。Integoによれば、最新版の「Flashback.G」はさらに手口が巧妙になり、3段階の手段を使って感染を試みるという。


同マルウェアは、まず2種類のJavaの脆弱性の悪用をはかり、この脆弱性が解決されていなければユーザーが何も操作しなくても感染してしまう。一方、これら脆弱性が解決されたJavaの最新版がインストールされている場合は、ソーシャルエンジニアリングの手口を利用。英文で「“Apple Inc.”の署名が入ったコンテンツがあなたのコンピュータにアクセスすることを望みますか」という内容のメッセージを表示する。その下にはやや小さな文字で「この証明書は信頼できません」との警告が表示されるが、ほとんどのユーザーは意味が分からないまま「Continue」ボタンを押して、マルウェアのインストールを許してしまうという。

なお、IntegoのMac向けウイルス対策ソフト「VirusBarrier X6」などのセキュリティソフトがインストールされているMacの場合、Flashback.Gには感染しないという。これは「マルウェアの作者が、ウイルス対策ソフトに検出されるのは避けた方が賢明だと判断したためではないか」と同社は推測している。

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/24/news024.html

 
PR




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


最近のコメント