Warning: date_default_timezone_get() [function.date-default-timezone-get]: It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php on line 115

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/wp-content/plugins/xpressme/include/xpress_common_functions.php on line 296

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 25

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 26

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 27

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 28

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 29

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 30
Ricoのニュース »| Rico for HandHeld ニュース - Rico for Handheld
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

購読RSS
Google Ad
このサイトを登録
ブログランキング

ads by Google
ad by Google

Androidの無料アプリは危険過ぎてヤバイ

20120405-121130.jpg

Android利用者の多くが、有料アプリよりも無料アプリを利用している傾向が強いと言うのはよく知られた事かもしれません。
確かに無料で良いアプリが沢山あれば、それに越した事はないですよね。

ですが、そのアプリは安全ですか?

http://www.lifehacker.jp/ より

ノースカロライナ州立大学の助教授Xusian Jiang博士と共同研究チームは、10万個のAndroidアプリを調べ、ある報告書(PDF・英文)を発表しました。

我々の研究は、一般的なAndroidプラットフォームの広告ライブラリの中に、無数の深刻なプライバシー及びセキュリティのリスクが存在することを明らかにしました。
Androidマーケット(現Play)から集めた10万個のアプリの中から、100の広告ライブラリを選んで分析したところ、もっとも普及している広告ライブラリの中にさえ、プライバシーとセキュリティの脅威が存在したのです。その脅威は、ユーザー情報を不正に収集しようとするものから、来歴のわからないサードパーティのコードをホストアプリ上で実行させてしまうものまでありました。
現行のAndroidのパーミッションモデルでは、広告ライブラリによって実行されるアクションとホストアプリで実行されるアクションを区別することができません。つまり、あらゆるアプリの中に脅威が存在する可能性があるということです。これは、広告ライブラリとホストアプリの統合方法を変更する必要があることを示唆しています。


「Ars Technica」は、無料Androidアプリで使われている広告表示用ライブラリは、プライバシーとセキュリティにとって脅威であり、セキュリティをすり抜けて攻撃するための足がかりにされる危険があると言っています。アプリそのものは無害だとしても、広告ライブラリはアプリそのものと同レベルのパーミッションを許可されているため、広告部分が悪意のあるコードの実行に利用されてしまう可能性があるのです。

これでは、アプリケーションの安全性以前の問題で、現場での解決策は、広告の付いていない有料アプリを買うしかないと言う事になります。

Androidを好んで使う人が、よく言う話の中には「アプリにお金を出さなくても、優秀な無料アプリが沢山ある」と言った事がありますが、これでは無料アプリなんて個人情報の塊であるスマートフォンではとても使える状態ではありません。

一刻も早く、Googleには対策をとって欲しいとは思いますが、Google自体がもはや同じような事をやっている状態なので、期待はあまり出来ないかもしれません。

解決策はもう一つしかありませんね!

さぁみんな、持っているAndroidのスマートフォンなんか窓から投げ捨てて、WindowsPhoneを使おう!



私はAndroid使いますけどね。
ただし、どんなに情報を取られても良いように、Simなしアドレス帳は空の状態ですけれど。


あ、ちなみにWindowsPhoneは良いですよ、ほんとに。
PR




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


最近のコメント