Warning: date_default_timezone_get() [function.date-default-timezone-get]: It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php on line 115

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/wp-content/plugins/xpressme/include/xpress_common_functions.php on line 296

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 25

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 26

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 27

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 28

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 29

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/pokostyle/www/rico/modules/wordpress/class/config_from_xoops.class.php:115) in /home/pokostyle/www/rico/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderTarget.class.php on line 30
Ricoのニュース »| Rico for HandHeld ニュース - Rico for Handheld
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

購読RSS
Google Ad
このサイトを登録
ブログランキング

ads by Google
ad by Google

Yahooが導入する「追跡拒否システム」ってなに?

20120331-124423.jpg

皆さん、当然インターネットをされているわけなんですが、最近話題にされていた「Googleがこれからは集めた個人情報を勝手に使っちゃうよ事件」をご存知でしょうか。

Googleが今回行った、プライバシーの取り扱い改定についての問題です。
端的に言うと、インターネット利用者がWebサイトにアクセスした情報を、Googleが収集し、その人がどんな事に興味を持って、どんな語句で検索し、どんなWebサイトにアクセスしているかと言った情報を利用して(これはトラッキングと呼ばれます)、それにマッチする広告をWebサイトに出すよ、と言う感じです。
この結果により、Webを利用するユーザーは、自分の興味のある広告をより目にする事が出来ると言った主張をGoogleはしています。

しかし問題の争点となった部分は、Googleがより利益をあげる為に、利用者の個人情報、プライバシーを利用する、と言う点や、利用者の検索語句や、訪問したサイトの履歴が筒抜けにされると言った部分です。これには、大変多くの批判が起こった訳です。

*Googleのスマートフォン、Androidにおいては、メールや電話番号など、さらに広範囲での情報が利用されますが、ここでは割愛します。
詳細はこちらへ。
Googleプライバシーポリシー

さらにこのGoogleが取得した情報を、Googleがどういった方法で、どこまでの範囲で利用するのかも、今ひとつ不明瞭な部分があり、疑問に残っています。

そして、この問題に火を付けたきっかけは「GoogleがインターネットエクスプローラーやSafariの設定を回避してユーザー情報を収集していた」事でした。

これは世界的に現在も問題になっており、アメリカはもちろん日本でも大きな話題になっています。

■Yahooが対策を開始

20120331-124319.jpg

今回、そう言った利用者の不信感が広がる中、米ヤフーは29日、インターネットでウェブ閲覧履歴など個人情報を収集するトラッキングを停止する機能「DNT(Do Not Track)」を夏までに導入すると発表しました。

以下はrbbtodayからのニュース抜粋です。

アメリカ、ホワイトハウスは、インターネットでの個人情報について、消費者自身がコントロールできる権利を確立すべきだとしたうえで、ブラウザの開発メーカーに対してブラウザにトラッキングを拒否する「DNT」機能を搭載するように呼びかけた。
 さらに27日には、米連邦取引委員会(FTC)もDNTを支持している。

 ヤフーはこうした動向を素早く察知し、法規制などによってDNTが強制される前に先取りしたものといえる。また、DNTは一般にブラウザに実装する機能との認識があったが、大手のIT企業であるヤフーが実装したことで新たな可能性がひらけたともいえる。


このように、ブラウザで対策を取るのとは別に、Webサイト、サービス単位で実装をする事で、個人のPCの利用環境に左右され辛い状況を作り上げようという事ですね。

さて、Web業界だけでなく、利用者のプライバシー保護の取り扱いは、果たしてどのような流れを見せるのでしょうか。安心してネットが利用出来る環境作りに、様々な企業が躍進してくれればいいですね。
PR




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。